痛風

 

42歳で痛風に見舞われた。

尿酸値は7.1。

一回でも尿酸値が7を超えると、生涯投薬して尿酸値を抑えなければならない(涙)

まあ、とにかくこの痛風だけは痛いの何の。

あまりの痛みに耐えきれず、痛み止めの薬や注射を狙って、救急車を呼んでしまったよ。

とにかく痛いんだから。

尿管結石以来だ、救急車を呼んだのは。

まあ、狙い通り痛み止めの座薬をもらえたからよかったんだが、大変だったのは、救急から家までの帰路だ。

電車で帰ったんだが、救急から駅まで歩くのが大変だった。痛くて痛くて。

素直にタクシー使うべきだった。

だって、タクシー代金がもったいなかったんだもん。

で、這うような思いで何とか帰宅した後、救急でもらった痛み止めの座薬で痛みをごまかし、近所の整形外科に診てもらった。

この整形外科でもらった痛風の特効薬のおかげで尿酸値は6.4まで下がり、炎症も収まった。

これからも一ヶ月に一回の通院は続くけど、一時は靴もマトモに履けないかったぐらいの足の腫れも治ったから助かっている。

靴が履けないようでは、出勤もできないからね。

整形外科医者の話では、かなり重度の炎症だったみたい。

一時は、足の親指、足首、足の裏、足の甲が全部腫れ上がったからね。

バケモノの足みたいだった。

なんせ、通常の足と痛風の足とを比べると、笑えるぐらいの差があるからね。

さて、一ヶ月くらい仕事出来なかったから、これから取り返さないといけないんだ。

だから、そろそろ出かけたいところだが、出かける必要はないんだ。。。

だって、一ヶ月休んでいる間に、勤めてた派遣先から契約解除されたから。

どこか、いい派遣先ないかな?

派遣会社の担当の人、いい現場みつけてきてね!

なるべく早めにだよ!

頼むよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です