下関

野球がなくなったら進路が100%閉ざされるも同然って子は、野球界にナンボでもおりますから、下関国際の坂原監督みたいな監督さんも必要なんです、何人かは。

いわゆる、
「中途半端に勉強なんかせんでええから、野球だけやっとけ、お前らは」的な監督さん。。。

高校野球界は、何を置いても坂原さんみたいな指導者をキープするために、少々ギャラを弾んででもハイレベル求人を出さなあきません。

そして、ボールペンでのサインだけじゃなく、しっかりと相手の印鑑もおしてもらわんとあきません。そこはやっぱり、本気の印鑑をおしてもらわんと。⇒印鑑心斎橋

また、野球がなくなったら進路が100%閉ざされるも同然って子たちだって、少々厳しい稽古を課してもへこたれませんからね。自分には野球しかないって、自分でわかってますからね。

親に「ウチの子、頭はアホやけど、少々のことでは野球をやめません」って誓約書を書かせて、実印おさせてもええぐらい、子どもらは野球に人生をかけてますからね。

そんな子らが野球をやめるとしたら、自分より野球がヘタクソな先輩の嫌がらせ、イジメが主な理由でしょう。

そんな、野球に人生をかけてる子らが、稽古の厳しさが原因で野球をやめるケースなんてほとんどないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です