府民A
『そういや、府大時代の柴助教授って元気かな?』  

府民B
「おったな。
流石に辞めてるやろ。」  

府民A
『消息までは知らんか?』  

府民B
「そら、わからんやろ。
顔も覚えてないし」  

府民A
『失礼しました(笑)』  

府民B
「大学教授やから調べる方法はあるけど。
相当なお爺さんやで。
生きてるかどうかもわからんレベルや」  

府民A
『柴なんか、下の名前知ってんのか?
そこが怪しいぞ。。。』  

府民B
「知らんやろ。
そもそも柴と会話した事あるんか?」  

府民A
『ありません』  

府民B
「暇な時にGoogleで見てみるわ」  

府民A
『前向きな姿勢ありがとうございます。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です